備前岡山の地酒 きびの吟風 酒蔵日記

古代吉備王国の中心地で日本酒を造る若旦那の酒蔵日記です。

2013年お中元、食品・地酒ギフト




2013年お中元、食品・地酒ギフト


2013お中元,食品・地酒ギフトきびの吟風 カテゴリートップ画像



蔵元自慢の食品・地酒をご用意いたしました。
2013年オススメの地酒、『雄町米純米吟醸 夕涼み』


蔵元食品ギフト、
冷やしておいしい『吟風 吟醸酒練りこみうどん』など、


お酒好き・麺好きには絶対に喜ばれる
当蔵のイチオシ食品・地酒ギフトです!



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

板野酒造場 オンラインショップ
http://www.ginpoo.co.jp/

岡山のうまい地酒『きびの吟風』と、
酒蔵グルメを全国の皆様にお届けいたします!

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


スポンサーサイト

テーマ:店長日記 - ジャンル:日記

コメント

Re: Re: タイトルなし

> > こんばんは。若い人の日本酒離れが叫ばれる昨今ですが、本当に良いものは評価され、本当に美味しいものは売れると思います。
> > 備中杜氏にも、但馬杜氏にも、南部杜氏にも、越後杜氏にも負けない『板野流』の板野杜氏として、今後、ますます美味しい『きびの吟風』で左党を唸らせていただきたいと願っております。
> > 季節商品、リキュール、にごり酒も結構なのですが、やはり清酒の『純米酒』、『純米吟醸酒』、『純米大吟醸酒』で勝負していただきたいです。
> > 近年人気の銘柄では、複数の酒造好適米を用いて、それぞれ使用する酵母、仕込み、ラベルの銘柄名の箔色などを変えて、同一精白による酒造好適米シリーズを展開するケースが増加しています。
> > 『きびの吟風』でも、朝日は赤文字、雄町は青文字、山田錦は緑文字・・・といった展開ができれば購買意欲も一層刺激されるのではないかと思います。
> > 有名な『十四代』をはじめ『一白水成』、『山本』、『はくろすいしゅ』、『花浴陽』、『長陽福娘』、『東洋美人』などでも採用されているものですね。また、県内では『大典白菊』の白菊酒造様が県外で展開中(朝日、雄町、山田錦の三種のみですが)、今年から県内でも販売を開始しているところです。
> > 少量多仕込みとなるため、ただでさえ大変な醸造のお手間は増えるかもしれませんが、できれば他の酒造好適米(八反錦、強力、酒こまち、吟風など)も含めて展開なさり、首都圏での試飲会開催を重ねることにより有名地酒専門店での取り扱いが増加すれば、東京からの情報発信力は強力かつ迅速に全国に広まります。
> > 勝手なことを書き連ねましたが、ご無礼をお許しください。応援申し上げておりますので、『備前岡山の地酒 きびの吟風』の名を全国に轟かせてください。
> > 御社のますますのご隆盛をお祈り申し上げますとともに、皆様のご健康をお祈り申し上げます。失礼いたします。
> >
> > 追伸 例えば同じ雄町で醸造する酒であっても濃醇なものと淡麗なものがあり、比重の大小に関わらず喉に障るものと障らないものがあります。また、使用酵母による香味の差異は素人の味覚嗅覚を以ってしても容易に判別できるほどに大きなものです。(利き酒王者様に向かって『釈迦に説法』となるご無礼をお許しください。)
> > 同じ『きびの吟風』であっても、濃醇な雄町と淡麗な雄町でシリーズ展開を行っても面白いと思いますし、雄町は酢イソ系、山田錦はカプエチ系酵母により差別化を図っても面白いと思います。
>
> コメントありがとうございます。
> とても専門的なご意見でとても驚いております。
>
> 東京に売り込みい行きと思うのですが、もう少し気になるところがありまして
> 売り込みに行っておりません。
> 他の多くのお蔵様はその味を出されていますが、
> 弊社の蔵ではどうしてもその味が出せません。
> とにかくいろいろ研究したいと思います。
>
> 「きびの吟風」の味を納得できるものにしていきたいと思います。
> 今後ともどうぞよろしくお願い致します。

  • 2013/09/09(月) 14:53:24 |
  • URL |
  • 若旦那 ゴンザレス #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> こんばんは。若い人の日本酒離れが叫ばれる昨今ですが、本当に良いものは評価され、本当に美味しいものは売れると思います。
> 備中杜氏にも、但馬杜氏にも、南部杜氏にも、越後杜氏にも負けない『板野流』の板野杜氏として、今後、ますます美味しい『きびの吟風』で左党を唸らせていただきたいと願っております。
> 季節商品、リキュール、にごり酒も結構なのですが、やはり清酒の『純米酒』、『純米吟醸酒』、『純米大吟醸酒』で勝負していただきたいです。
> 近年人気の銘柄では、複数の酒造好適米を用いて、それぞれ使用する酵母、仕込み、ラベルの銘柄名の箔色などを変えて、同一精白による酒造好適米シリーズを展開するケースが増加しています。
> 『きびの吟風』でも、朝日は赤文字、雄町は青文字、山田錦は緑文字・・・といった展開ができれば購買意欲も一層刺激されるのではないかと思います。
> 有名な『十四代』をはじめ『一白水成』、『山本』、『はくろすいしゅ』、『花浴陽』、『長陽福娘』、『東洋美人』などでも採用されているものですね。また、県内では『大典白菊』の白菊酒造様が県外で展開中(朝日、雄町、山田錦の三種のみですが)、今年から県内でも販売を開始しているところです。
> 少量多仕込みとなるため、ただでさえ大変な醸造のお手間は増えるかもしれませんが、できれば他の酒造好適米(八反錦、強力、酒こまち、吟風など)も含めて展開なさり、首都圏での試飲会開催を重ねることにより有名地酒専門店での取り扱いが増加すれば、東京からの情報発信力は強力かつ迅速に全国に広まります。
> 勝手なことを書き連ねましたが、ご無礼をお許しください。応援申し上げておりますので、『備前岡山の地酒 きびの吟風』の名を全国に轟かせてください。
> 御社のますますのご隆盛をお祈り申し上げますとともに、皆様のご健康をお祈り申し上げます。失礼いたします。
>
> 追伸 例えば同じ雄町で醸造する酒であっても濃醇なものと淡麗なものがあり、比重の大小に関わらず喉に障るものと障らないものがあります。また、使用酵母による香味の差異は素人の味覚嗅覚を以ってしても容易に判別できるほどに大きなものです。(利き酒王者様に向かって『釈迦に説法』となるご無礼をお許しください。)
> 同じ『きびの吟風』であっても、濃醇な雄町と淡麗な雄町でシリーズ展開を行っても面白いと思いますし、雄町は酢イソ系、山田錦はカプエチ系酵母により差別化を図っても面白いと思います。

コメントありがとうございます。
とても専門的なご意見でとても驚いております。

東京に売り込みい行きと思うのですが、もう少し気になるところがありまして
売り込みに行っておりません。
他の多くのお蔵様はその味を出されていますが、
弊社の蔵ではどうしてもその味が出せません。
とにかくいろいろ研究したいと思います。

「きびの吟風」の味を納得できるものにしていきたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

  • 2013/09/02(月) 18:43:38 |
  • URL |
  • 若旦那 ゴンザレス #-
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2013/07/13(土) 21:30:39 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ginpoo.blog50.fc2.com/tb.php/112-e55a3a94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad