備前岡山の地酒 きびの吟風 酒蔵日記

古代吉備王国の中心地で日本酒を造る若旦那の酒蔵日記です。

人生の恩人が引退!

4月7日、セブン&アイの鈴木会長が引退した。

また、4月8日、競泳の北島選手が引退した。

ここ数日、私に大きな影響を与えた人生の恩人が相次いで引退された。

少し寂しい気がする。

お二人にお会いしたことはないが、書籍やインタビュー記事、平井コーチの話などから、

お二人には何か共通点があるように思った。

お二人とも、自分に厳しく、他の人の面倒見がよく、そしてやさしい。と思う。

人生で伸びるためには、自分に厳しく、人間性を上げていかなくてはいけないのだ。

私も、お二人に負けないように頑張っていこうと思う。

お疲れ様でした。


スポンサーサイト

コメント

Re: タイトルなし

> 前略
> 秋田県の出羽鶴酒造で人気ブランド「やまとしずく」の醸造に携わり次期杜氏と目されていた著名人猪田幹雄氏は福島県の笹の川酒造に杜氏として抜擢され純米吟醸生原酒「あかし田」や「山口」などを醸造しましたが、この度「クビ」になったそうです。
> 笹の川酒造といえば福島県で普通酒を量販するとともに輸入したウィスキーを調整して販売する蔵であり、上質な日本酒を醸造し地酒文化を大切にしようという蔵ではありませんが、この笹の川酒造が将来有望な人材の首を切ったというのですから驚きます。
> 某酒販店のブログ記事によりますと、上槽した酒を放置している蔵元に対し猪田幹雄氏が酒が劣化しないうちに早く火入れをした方がいいと注文を付けたところ「態度が悪い」といい、猪田幹雄氏の酒では「儲からない」と言って解雇したそうです。
> 猪田幹雄氏は出羽鶴酒造の時期杜氏になるだろうと評された凄腕で東京でも人気の「やまとしずく」に携わったほか、笹の川酒造の杜氏に抜擢されてからは有名デパート髙島屋のバイヤーに酒質の良さを認められ買い付けられたり、地酒ファンの支持を得て今後を期待されていましたが、その矢先の出来事です。
> 板野酒造場様は自ら杜氏として酒造をなさっていますが、この絶好のタイミングを逃すことなく、蔵人又は共同杜氏として猪田幹雄氏を御蔵にお迎えなさってはいかがでしょうか。
> この人は、そしてこの人が醸す酒は食中酒に最適な呑み飽きしない旨酒で、しっかりとした旨味がありながらフレッシュさを備えていますので、必ずや御蔵の歴史に新たな一頁を刻むことでしょう。
> 猪田幹雄氏の技術を吸収するだけでも将来に向けて大きな収穫となりますし、もし御蔵で猪田幹雄氏が酒を醸造し続けることができればそれも御蔵の売上と名声とブランドヴァリューを高めることになります。
> 私は猪田幹雄氏と面識もなければ会話をしたこともありませんが、醸造した酒を味わったことならあります。そしてその結果として申し上げてございますので、是非ともご検討くださいませ。
> 不躾なことを書きましたが、お気を悪くなさったならば本意ではありませんのでお詫び申し上げますが「酒造業界にはこんなこともある」「もしかするとこんな可能性もある」ということで日本酒醸造蔵の在り方をお考えになる際のひとつの情報としてお含みおき頂ければそれだけでも結構です。
> 僭越にも勝手なことを書き連ねましたがどうかご容赦賜りますよう、お願い致します。
> 御蔵のますますのご繁盛と皆様のご健勝およびご多幸をお祈り申し上げます。


コメントありがとうございます。
大変、興味深いお話ありがとうございました。

喉から手が出るほどいいお話ですが、
弊社ではまだ、そのようなすごい方を雇用するだけの余力がありません。
雇用は、その方とそのご家族の一生かかわりますので、

猪田杜氏の造りたい酒蔵でお酒を造るのが一番いいと思います。
いつも応援ありがとうございます。

by ゴンザレス

  • 2016/09/27(火) 09:22:13 |
  • URL |
  • 若旦那 ゴンザレス #-
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2016/04/23(土) 12:25:08 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ginpoo.blog50.fc2.com/tb.php/158-ac2f0b9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad